きままで、気軽な自転車旅

自転車旅を始めましょう。

自転車旅というと、それなりの自転車を調達して、テントや寝袋の大荷物を持って、というイメージがありますが、もっと気楽に楽しむことができます。整備さえきちんとできていれば、ママチャリでもOKです。はじめは、テントは持たずに予算に合わせて、宿泊施設に泊まりましょう。冒険的な醍醐味は減ってしまいますが、ビギナーは出かける前に予定を立てて、予約をしていくことをお勧めします。いきなり無理をせず、自分に向いているか1泊くらいで試してみるといいと思います。距離は欲張らずにマイペースで、複数で行く場合は一番遅い人に合わせます。

本格的ではなくても、気をつけて行きましょう。

出かけるのなら、春や秋の気候のいい時がお勧めですが、夏に行くなら、場所にもよりますが、日中は走らずに、早朝と夕方以降のみに走ります。はじめは、実質走る時間は一日6時間走るくらいが良いでしょう。休憩やちょっとした観光などをはさんでのんびり行きたいものです。水分補給は忘れずに、どこにでも自動販売機があると過信せず、予備は必ずキープしておきます。走る前の食事は腹八分目で、しかし、しっかりエネルギーになるものを摂らないと走れなくなってしまうのでよく考えて選んでください。そして、車にも気をつけて走ってください。

自分の足で進みながら、かぜを切って進むのは、本当に気持ちのいいものです。自分に向いていると思ったら、体力を付け、本格的な準備をして、日本や世界を周るのも夢ではありません。